1000万円の堅い資産運用方法

40歳の人が60歳までに1000万円を3倍の3000万円にする資産運用方法

40歳といえば丁度最初の子供が小学校に入り、

二人目の子供が幼稚園に入ろうかという年齢かと思います。

 

今までサラリーマンをして1000万円は蓄えることはできたけど、今後子供の養育費は嵩み必要経費が高まることを考えると、

老後の蓄えとしては大丈夫なんだろうか?

と不安に思われている方も多いと思います。

 

今後年金も受給金額の引き上げ、総支給額の引き下げを覚悟しなければいけない、

状況下出来うる限りお金を蓄えたいと思うのは当然の理だと思います。

 

今回は40歳で現在1000万円を保有されている方に向けて、20年後の60歳に3000万円に増やし、

退職金を含めて5000万円近くの老後資産を構築する為の方法について紹介していきたいと思います。

 

おすすめしない方法:一気に大きく増やす博打的投資

2017年に大流行した仮想通貨のように爆発的な利益が生まれる可能性のある、

仮想通貨のような投資先に投資を行う資産を大きく増やすという方法を考えたことは、

誰もが一度もあると思います。

しかし価格が高騰するということは裏返すと暴落する可能性が高いことを意味します。

また高騰する投資というのは予想することが出来ず、

たいていは日本の株式バブルのように人々の期待先行で上昇していくケースが多いのです。

つまり、理論的に考えて価格が上昇するというよりは、

何がなんだか分からないけど上昇していくので不透明性が非常に高いのです。

皆さんが必死に貯めた虎の子の1000万円の投資先として、

今後の不透明性が高い博打的な金融商品を選ぶことは決しておすすめ出来ません。

 

そもそも投資というのはどのようなものなのかを、

著名投資家の言葉を借りて説明したいと思います。

村上ファンドの村上世彰氏は投資を、

「将来的にリターンを生むであろうという期待を元に、資金をある対象に入れること」

と定義しております。

 

 

 

つまり理論的に考えて上昇するであろうという投資先について、

資金を投じることを投資だとしているわけです。

実際2000年代初頭のITバブルの際に、

村上氏はなぜIT銘柄がここまで高騰しているのか分からないとして、

手をだしませんでした。

 

複利を味方につけて着実に投資を行い3000万円を60歳に達成する

古来から『ローマは1日にしてならず』や『急がば回れ』という言葉がある通り、

結局は地道に積み上げていった方が多くの資産を積み上げることが出来ます

 

複利で運用を行えば指数関数的に資産が増えるというのは、

耳にタコが出来るほど聞いていると思いますが、

では実際1000万円を40歳時点に投資を行ったとして60歳時点で3000万円にする為には、

年率5.5%程度の運用で問題ありません。

 

現在の投資環境であれば米国債という安定投資であっても3%の利息が見込めますので、

5.5%は平均的な資産運用を行えば十分可能な数値であることは、

平均的な資本収益率が5%程度であると分析しているトマ・ピケティの話題経済書『21世紀の資本論』にも記載されています。

 

しかし今後日銀が狙っている2%程度のインフレが発生することを考えた場合、

インフレを加味した後の利回りで5.5%の利回りを達成する為には、

7.5%以上の利回りが必要になってくるので、

今回は7%~8%の利回りが見込める投資先はどこなのかという点を分析していきたいと思います。

 

日本株やJ-REITの高配当銘柄ポートフォリオを構築する

まずは身近な日本市場でインカムゲインを狙う方法について考えていきましょう。

現在に日本株の平均配当利回りは2%に届くかどうかという水準となっていますが、

東証一部の高配当銘柄の順位は以下のようになっております。

日本株やJ-REITの高配当銘柄ポートフォリオを構築する

 

(引用:みんなの株式)

最高でも6.65%となっており配当上位銘柄でポートフォリオを組んだとしても、

目標とする7.5%のポートフォリオを組成することは出来ません。

ではREITはどうでしょうか。

REITはReal Estate Investment Trustつまり不動産投資信託のことで、

不動産投資によって稼いだ金額の90%を配当に回すことによって、

法人税を免除されるというシステムを取っている為、

配当金(分配金)利回りは高く、平均分配利回りは4%となっています。

しかし以下のように分配金上位銘柄を見てみると、最高7%の銘柄もありますが、

上位銘柄を組み合わせて目標に届きません。

あくまで不動産投資なので限界があるといった感じですね。

 

 

 

個別株式にしてもREITにしてもインカムゲインだけでは7.5%を達成することは不可能ですが、

株式の値上がりまでを取ることが出来るのであれば、7.5%を達成することは不可能ではありません。

米国のETFであるVTIという選択肢

バフェットも投資の素人が個別株を買うくらいであれば、

米国の株式市場に連動するETFを購入するのが非常に賢明な選択肢であると、

仰っている通り米国のETFは長期的に右肩上がりの成長を続けています。

米国の株式市場全体に投資を行うETFであるバンガード・トータル・ストック・マーケットETFが、

選択肢として有効なものの一つとなってきます。

VTIは米国の大型・中型銘柄のみではなく、小型・超小型銘柄を含めた

米国の時価総額の99.5%をカバーしている米国株式市場をそのまま表した

ETFです。

 

 

2001年から運用を開始しているということはITバブルとその崩壊、リーマンショックという危機を、

乗り切って7.15%のリターンを挙げていることとなり、

長期的に投資を行えば着実な利益が見込める投資先となっています。

 

しかし、一点注意しなければいけないのは、

現在時点において既に米国株式市場は契機拡大期が2008年のリーマンショック以降、

9年目と景気拡大は史上二番目の長さとなっており、

いつリセッションが起こってもいかしくない状況となっています。

 

実際株価の割安市場を示すPERは21倍を超えてきており若干オーバーバリューの様相を、

呈してきておりますので次回株価が下落した時を狙い内した方が良いでしょう。

 

日本発のPEファンド

先程まであげた二つの選択肢は市況の流れを大きく受ける投資先となりますが、

PEファンドについてはPEファンドとは?投資手法・成績・種類等知られざる実態を解剖するで、詳しく説明しているのですが、

 

【他の参照記事】
PEファンドのビジネスモデルを解説する
バイアウトファンドとベンチャーキャピタルの違いをわかりやすく解説ーPEファンドの種類毎比較-

 

未公開株に投資を行い経営の中に入り込んで、

企業価値を向上させた後に高値で売却することにより利益を獲得する手法です。

日本ではあまり馴染みはありませんが、米国においてはBlack StoneやKKRのような、

巨大PEファンドが大きな利益を上げており、日本にも進出してきております。

 

👉 世界有数のPEファンド・ブラックストーン(Black Stone)を紐解く
👉 投資ファンド・KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)をわかりやすく紐解く、巨大PEファンドの実態とは

 

PEファンドは外資系金融機関や外資系コンサル出身の一流の人材によって運用されており、

非常に高いパフォーマンスを挙げていると注目を集めています。

実際日銀の調査によると、株式市場の市場平均や、市場平均を上回るヘッジファンドを、

更に上回るパフォーマンスを上げています。

 

 

日銀が注目しているという時点で、期待が持てますよね。

また未公開株に投資をおこなっているので、市場の好不況に影響をあまりうけない、

という点も非常にPEファンドの強みと言える部分となります。

 

PEファンドのデメリットとしては三点あり、

一点目は最低投資金額の高さです。ヘッジファンドよりも更に高いケースが多く、

海外の著名ファンドでは5mil USDつまり約5.5億円を最低投資金額として設定しています。

 

しかし私が投資を行っているPEファンドは日本発で新進気鋭ということもあり、

最低投資額が1000万円と高いと言えば高いのですが敷居は低く抑えられています。

デメリットの二点目は投資を実行する企業が見つかるまでは、

資金が遊んだ状態(どこにも投資していない)状態が続くことがあるのですが、

私が投資を行ているPEファンドではヘッジファンドとしての運用経験も5年以上あり、

休眠資産については旗艦ヘッジファンドと同様の運用を行うという柔軟性も持っております。

 

最後は流動性の低さですが、経営に入り込んで株式価値を向上させて売却するということもあり、

投資から利益確定までに時間がかかるので簡単に引き出すことは出来ません。

 

通常は1年に一回なのですが、私の投資を行っているPEファンド、

トータス・パートナーズでは半年毎に設定しているので、

比較的良心的であるといえるでしょう。

 

一早く海外で浸透してきており、ハーバードの大学基金やイェール大学基金といった、

年率10%以上のリターンを20年以上継続しているいファンドも積極的に活用している、

PEファンドという選択肢を使って資産を大きく増やすのも非常に有効な選択肢となるでしょう。

 

 

👉 日本発新進気鋭のPEファンド・TORTOISE PARTNERS(トータス・パートナーズ)の実態に迫る

 

-1000万円の堅い資産運用方法

Copyright© オルタナティブ投資大百科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.