1億円〜10億円の堅い資産運用方法

10億円の資産運用法、エンダウメント流長期安定運用を目指す

10億円。

 

圧倒的な資産ですよね。サラリーマンの生涯収入が2億円~6億円なので、

全て蓄えたとしても10億円に到達することは出来ません。

 

10億円を蓄えられた方というのは、事業で成功された方や、

元々資産家の家に生まれた方などごく一部の方なのではないでしょうか。

 

本日は10億円という資産があった場合は、どのような資産を運用していくのがよいか?

という点について考え方を含めてお伝えしていきたいと思います。

 

10億円を運用するのであれば、機関投資家を参考にするべき

10億円という資産は先ほどお伝えした通り大金です。

大金を運用するのであれば、既に大金を運用している主体である機関投資家の運用手法を、

真似するのが最も合理的な選択肢です。

 

機関投資家は生命保険やGPIFやCalPERSを始めとした各種年金基金や、

米国の大学基金などがありますが、共通していえることは巨額の資産を運用しており、

尚且つ確りと将来払いださないといけないので大きな下落は許されず、

長期的にみると大きな利益を確実に出さないといけないのです。

 

機関投資家は大きな資産を出来うる限り減少させることなく、

資産を着実に増やすことを目的に運用がなされています。

 

参考にすべき機関投資家は米国のエンダウメント

今回参考にしていく機関投資家はエンダウメントと呼ばれる米国の一流大学によって、

運用されている基金です。

 

エンダウメントは大学出身者からの寄付を運用して、一部を大学の運営費にあてることで、

大学の研究費などを捻出しています。

 

参考にすべき機関投資家は米国のエンダウメント

 

日本でも適用したほうが良い仕組みであることは間違いないのですが、

なかなか実施されておらず、悲しい限りですね。

 

有名なハーバード大学は4兆円を、イェール大学は3兆円という巨額の資金を運用しています。

 

エンダウメントの運用ポートフォリオの特徴

ではエンダウメントの運用ポートフォリオについて詳しく見ていきましょう。

エンダウメントの成績

エンダウメントの運用ポートフォリオを見る前にまずは成績を確認しましょう。

エンダウメントは市場平均に対して長期間に渡って高い成績を叩きだしています。

 

エンダウメントの運用ポートフォリオの特徴

 

米国の有名な株式指数であるS&P500指数が20年平均リターンが7%に対して、

ハーバード大学は9.5%、イェール大学は12.1%の年率リターンを出しています。

では何故このような高い成績をだせているのかを紐解いていきましょう。

 

エンダウメントに占めるオルタナティブ投資

エンダウメントは資産価格の下落を極力さけ大きなリターンを得る為に、

資産ポートフォリオを組む際に伝統的な株式や債券よりも、

オルタナティブ投資といわれる資産に70%程度を投資しています。

資産分散を行い市場平均をオーバーパフォームする投資ポートフォリオを組成する為の考え方
オルタナティブ投資の種類とメリット・デメリットをわかりやすく紐解く

 

オルタナティブ投資は伝統的な株式投資が下落する局面にあっても、

あまり下落しない資産で様々なものがありますが、

主に以下の四つに大別されます。

  • PEファンド
  • ヘッジファンド
  • 不動産投資
  • 商品投資

 

 

 

 

ヘッジファンドとPEファンドが最大ポーションで35%~60%程度を占めています。

 

ヘッジファンドとは-投資信託とは何が違うの?-

ヘッジファンドというのは、どのような市場環境であっても収益獲得を目指す、

『絶対収益型』のファンドです。

 

投資信託は投資を行う段階で投資をする市場を決めており、

投資対象の市場が悪くなれば当然投資成績が悪くなります。

つまり、市況要因によって大きく投資結果が左右されるのが投資信託なのです。

 

一方、ヘッジファンドはどのような環境であっても収益獲得を目指さなければ、

いけないという点が大きく異なる点です。

 

また、投資信託が公募のファンドであり宣伝を公に行っていいのに対して、

ヘッジファンドは私募のファンドなのでクローズドにしか出資者を募集することが出来ません。

 

その代わりに金融庁からの金融規制を受けることなく、自由の取引を行うことができ、

投資戦略を柔軟に変更させつつ利益獲得を目指すことができるのです。

ヘッジファンドと投資信託の違いについて4つの側面から分かりやすく解説する!

 

PEファンドとは??

次にPEファンドですが、PEファンドはPrivate Equity Fundという名前の通り、

未公開株に投資を行います。

 

皆さんが株式投資というと株式市場に上場されている株式を想像されると思いますが、

PEファンドが投資対象とするのは、未上場の株式です。

 

未上場の株式ときくとベンチャーなんじゃないの?と思われがちですが、

PEファンドが投資する対象はベンチャー企業ではなく、既に成熟している企業が殆どです。

 

PEファンドとは?仕組み・運用成績・種類・メリットやデメリット等から個人でも投資できるおすすめの投資先を紹介。
バイアウトファンドとベンチャーキャピタルの違いをわかりやすく解説ーPEファンドの種類毎比較-

 

通常の株式投資と異なり実際に経営権を取得して、経営改革を行い能動的に株式価値を上昇させ、

最後に高値で売却することにより利益を得るという手法を取り大きな利益を獲得しています。

 

未上場株に投資を行っているので、通常の株式市場の影響を受けにくく、

また経営改革を能動的に行うことでより高いリターンを得ることができるようになっています。

 

その為、ハーバード大学もイェール大学に最大ポーションを置いているのですね。

 

PEファンドの欠点を補いながらヘッジファンド型の運用も取り入れる方法

先程、PEファンドの魅力んいついて説明してきましたが、

PEファンドにも欠点があります。

 

それは例えば投資かから10億円を集めたとしても投資を行う先が6億円しか見つけられない場合は、

4億円の待機資金が出来てしまうということです。

 

未公開株は上場株とは異なり、魅力的な銘柄を見つけるのに時間がかかる場合があるのです。

その欠点を補う方法として投資待機資金をヘッジファンド型の運用で補うという方法が有効です。

 

私が投資を行っている日本発の新進気鋭のPEファンド(☞ 日本発PEファンドの詳細はこちら)では、

元々ヘッジファンドとしての運用実績が6年間ある為、

待機資金については従来のヘッジファンド型の運用を行い見事にPEファンドの欠点を補完しています。

 

ヘッジファンド型の運用としては下落リスクをミニマイズさせることができる、

バフェットの師であるベンジャミン・グレアムによって開発され、

80年間にわたり有効性が実証されている本格的なバリュー株投資を採用しています。

☞  ベンジャミン・グレアム流の本格的バリュー株投資~ネットネット株とは?~

 

無駄なく効率的にエンダウメントの投資を真似することが出来るでしょう。

 

10億円の資産運用まとめ

10億円という大金を資産運用するのであれば、大金を既に運用して長期間非常に高い実績を挙げている、

米国の大学基金つまりエンダウメントを参考にするのがよい。

エンダウメントは市場の下落をおさえ、高いリターンを出すために、

PEファンドやヘッジファンドを積極的に取り入れています。

 

PEファンドの待機資金をヘッジファンドで運用を行うことにより、

パッケージとして二つの運用を享受する方法が最も効率的であり、

私が投資をしているPEファンドは待機資金を本格的バリュー株で運用しており、

収益性・安定性において非常に期待できる投資先となっています。

 

伝統的な株式投資だけでなく、オルタナティブ投資を行い資産の安定的な成長を考えていきましょう。

 

以上、

 

優良投資先を選ぶとはどういうことか。

投資先ランキング

短期間でハイリターンを目指す投資。断言します。そのような投資をしていては、必ず大怪我をします。

 

金融知識を養っていくとわかってくることですが、短期で安定的に利益を獲得することは、相当に難しいことであり、実際に日本のアクティブファンドはインデックス投信のリターンをアンダーパフォームしています。

 

「資産運用のプロ」といっても、実際に実績を残していないプロの方はたくさんいます。

では、自分の大切な資金を預けるべきファンドはどのように見極めれば良いのでしょうか?実際にこれは簡単なことで、

 

  • 投資の哲学を持っている(つまり勝ちパターンを持っている
  • コロナショックなどマーケットの上下に左右されない、一時的に損失を出しても最終的には報われる投資先に資金を投じている
  • 長期で見て、現実的なリターンを獲得している(勝率の高い投資は、最終的にはプラスに収束します)
  • 運営元の経歴がピカピカであること(有名ファンドマネジャーは高学歴、そして有名大手金融機関での職場経験がある人材しか存在しません。「学ぶ力」「観察力」が異次元、且つロジックで投資をします)

 

上記を軸に、ファンド選びをすることで、数年後、周囲と比べて驚くほど高いリターンを得られていることに気づくはずです。

 

筆者が信頼しているファンドも参考までにこちらで紹介していますので、読者の方のファンド選ぶの助けになればと思います。

 

日本のオルタティブ投資先(ヘッジファンドなど)おすすめランキングBEST3を紹介

 

-1億円〜10億円の堅い資産運用方法

Copyright© オルタナティブ投資大百科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.