5000万円の堅い資産運用方法

5000万円をイェール大学流ポートフォリオで資産運用し年率10%を安全に長期的に目指す

5000万円というのはセミリタイアも頭をよぎるほどの大金だけど、

完全にリタイアするには老後どれだけ費用が掛かるかわからないし、

出来れば倍の1億円まで増やしたいなと思われる微妙な金額だと思います。

 

ただ、増やすために投資を行ったとしても資産が寧ろ減少するのは避けたいから、

なかなか投資に手を付けることができない。

 

本日はそんな貴方に向けて、5000万円を安全に安定的に年率10%で運用する方法を、

20年間平均年率12.1%を出しているイェール大学に類似したポートフォリオを作り

年率10%以上の利回りを狙う投資手法について紹介していきたいと思います。

 

イェール大学基金とは? どんなポートフォリオなの?

日本にはあまり大学基金という考えが浸透していませんが、

米国では卒業生が資金を出し合い、大学が運用を行い大学の研究費や人件費などに、

あてられています。実際イェール大学は運営費の30%を基金から拠出しています。

 

イェール大学基金とは? どんなポートフォリオなの?

 

社会の為にも十分な研究費が捻出できる仕組みということもあり、

是非とも日本でも取り入れたほうがよいシステムだと思います。

 

以下はイェール大学の長期リターンですが、S&Pt500指数が20年の平均年率7%なのに対して、

イェール大学は5%以上も高い20年平均12.1%のリターンを挙げています。

 

同じく優秀なパフォーマンスを挙げているハーバードの投資成績をも20年平均で、

約2%程度オーバーパフォームしているのです。

 

 

 

 

仮に5000万円を年率12.1%で運用したら、

6年後:9922万円 (約1億円)
10年後:1億5688万円
15年後:2億7736万円
20年後:4億9100万円

と驚異的なスピードで資産が成長していきます。

 

それでは、非常に優秀な成績を残しているポートフォリオを見てみると、

伝統的な株式や債券はたったの25%しかしめておらず、

 

後で説明しますが、最大ポーションのPEファンドや次のヘッジファンド。

更に不動産、商品というオルタナティブ投資を合わせると75.1%にのぼります。

 

イェール大学のポートフォリオ

 

それではイェール大学のポートフォリオを5000万円という資産を用いて組成していきます。

 

株式ポーションの組成 米国株3.9%  米国以外株15.2%

イェール大学にとっての国内株である米国株を3.9%と米国株以外を15.2%を組み入れていますが、

単純の為に米国株4.0%(200万円)と米国以外の株を15%(750万円)組み入れていきましょう。

 

皆さんが個別銘柄についての見識があるのであれば、

それぞれ銘柄を分析して組み入れればよいのですが、

なかなか世界の個別銘柄に精通している方はいらっしゃらないでしょう。

 

そんな方は銘柄を選ぶのではなく、市場平均に連動するETFを組み合わせて、

株式ポーションを組成することをおすすめします。

 

日本のアクティブ型の投資信託が市場平均より高いパフォーマンスをだせていないことからも分かる通り、

プロであっても市場平均より高いパフォーマンスをだすのは難しいのです。

 

市場平均に連動するパフォーマンスを目指すにはバンガードのETFが手数料が低く、

尚且つ乖離率が低く非常に有名です。

 

 

 

バンガードのETFは米国株全体に投資を行うことが出来るVTIと、

米国株以外の市場全体に投資を行うことが出来るVEUがあるので、

手軽に200万円分のVTIを750万円分のVEUを購入することによって

イェール大学の株式ポーションを組成することが出来ます。

 

債券投資ポーション4.6%の組成 (米国債)

株式投資と同じく伝統的投資の一種である債券投資について4.6%については、

米国債と米社債を組み合わせることにより利回りは3.5%程度を期待することが出来ます。

 

皆さんは高利回りというと先進国なら豪ドルと思われる方おいらっしゃると思うのですが、

近年の米中央銀行の利上げによって米国が最も高い利回りとなっています。

 

更に利回りだけを求めてトルコ国債や南アフリカ国債に投資したとしても、

肝心の為替が昨今のトルコリラのように急落してしまっては、

日本円建の価値は大きく目減りしてしまうという結果を招いてしまいます

 

PEファンド31.3%とヘッジファンド25.1%のポーション

それでは愈々イェール大学のポートフォリオの中で最大ポーションを占める、

PEファンド31.3%とヘッジファンド25.1%のポーション、合計2800万円について説明していきます。

 

 

PEファンド31.3%とヘッジファンド25.1%のポーション

 

そもそもオルタナティブ投資とは?

オルタナティブ投資が何故注目されているのかというと、

理由は二つあり、まず一つ目は株式・債券との価格の連動性が低いことです。

ポートフォリオを組むにあたっては、資産の相関性が低いものを組み合わせることによって、

ポートフォリオ全体の安全性を高める必要があるのです。

資産分散をする上で最適な投資っポートフォリオを組む為の考え方を徹底解説

 

また最も重要なことなのですが、中長期的に株式のパフォーマンスを上回っています。

イェール大学やハーバード大学が書状平均よりも高い成績を誇っている、

立役者ということができるでしょう。

 

 

 

ヘッジファンドとは?-結局投資信託が何が違うの?-

ヘッジファンドは上場株式だけに留まらず、債券、為替、商品など様々な手段を用いて、

また購入だけではなく売から入る空売りという手段も用いたりして、

どのような市況環境でも収益獲得を目指す絶対収益型のファンド形態です。

 

また収益を挙げた分から手数料を徴収する成功報酬型の手数料形態をとっているという点と、

腕利きの独立したファンドマネージャーによって運用されているという点が異なります。

ヘッジファンドと投資信託の違いについて4つの側面から分かりやすく解説する!

 

PEファンドとは?-ヘッジファンドとは何が違うの?-

PEファンドは投資対象が未公開株式に限定していることに最大の特徴があります。

PEファンドは未公開株の経営を握るポーションを取得、時には丸ごと買収し、

経営に積極的に携わり、企業価値を向上させた後に、

購入時価格より大幅に高い価格で売却することにより利益を得る特殊なファンドです。

 

米国の大手PEファンドが携わった2017年度の日本の案件でいうと、

有名な東芝メモリを含めて以下のものがあります。

 

<引用:PEファンドについてPwC Report>

 

経営の要素が含まれており、高い成績を出すことが出来ているのです。

 

PEファンドとヘッジファンドに同時に投資する方法

PEファンドは高い利益を出すことができる形態なのですが、

投資する先の未公開株を見つけるまでの資金はドライパウダーと言われており、

寝かされることとなります。

 

私が投資している日本国内初のPEファンド(トータス・パートナーズ)では元々の出自が、

日本株で年率10%の成績を5年以上運用しているヘッジファンドということもあり、

寝かされている資産についてはヘッジファンド型運用を行うという効率のよい運用を行っています。

 

また通常のPEファンドやヘッジファンドでは最低投資金額が5億円以上という所が多く、

資産運用会社や超富裕層しか投資の門戸が開かれていないのですが、

私が投資しているPEファンドは1000万円から投資が可能ですので、

興味のある方は以下ご覧いただければと思います。

👉 【トータスパートナーズ】日本発新進気鋭の評判のPEファンド「TORTOISE PARTNERS」の実態に迫る!

 

不動産投資10.9%と商品投資7.8%のポーション

不動産投資分のポーション550万円分についてですが、

流石に現物の不動産を保有するとしても550万円では購入することが出来ません。

 

その為、REITを購入するか米国REITファンドが連動を目標とする、

Dow Jones U.S Real Estate Indexに連動するiシェアーズ 米国不動産 ETFへの投資を提案します。

 

また商品投資ポーション400万円につきましても、どの商品にどれだけ投資したら良いのか、

分からない方が殆どだと思います。

5000万円を10%以上の市場平均を大幅にアウトパフォームしたポートフォリオのまとめ

今までの点から市場平均を大幅にアウトパフォームした史枝s家気を長年出し続ける

ポートフォリオについて纏めると以下のようになります。

 

【株式投資】計:950万円
米国株連動ETFのVTI:200万円
米国株以外ETFのVEU:750万円
※楽天・SBI証券で購入可能

 

【PEファンド&ヘッジファンド】計:2800万円万円
PEファンド運用型ヘッジファンド:2800万円 ( TORTOISE PARTNERS)

 

【不動産】計:550万円
iシェアーズ 米国不動産 ETF
※楽天・SBI証券で購入可能

 

【商品】計:400万円
iシェアーズ S&P GSCI コモディティ・インデックス・トラスト
※楽天・SBI証券で購入可能

 

【債券】計:230万円
米国債・社債
※楽天・SBI証券で購入可能

 

【現金】計:20万円

 

最も重要な点はPEファンドやヘッジファンドといったオルタナティブ投資を多く組み入れることが、

高い利回りを出し続ける秘訣ということが出来るでしょう。

 

以上、

優良投資先を選ぶとはどういうことか。

投資先ランキング

短期間でハイリターンを目指す投資。断言します。そのような投資をしていては、必ず大怪我をします。

 

金融知識を養っていくとわかってくることですが、短期で安定的に利益を獲得することは、相当に難しいことであり、実際に日本のアクティブファンドはインデックス投信のリターンをアンダーパフォームしています。

 

「資産運用のプロ」といっても、実際に実績を残していないプロの方はたくさんいます。

では、自分の大切な資金を預けるべきファンドはどのように見極めれば良いのでしょうか?実際にこれは簡単なことで、

 

  • 投資の哲学を持っている(つまり勝ちパターンを持っている
  • コロナショックなどマーケットの上下に左右されない、一時的に損失を出しても最終的には報われる投資先に資金を投じている
  • 長期で見て、現実的なリターンを獲得している(勝率の高い投資は、最終的にはプラスに収束します)
  • 運営元の経歴がピカピカであること(有名ファンドマネジャーは高学歴、そして有名大手金融機関での職場経験がある人材しか存在しません。「学ぶ力」「観察力」が異次元、且つロジックで投資をします)

 

上記を軸に、ファンド選びをすることで、数年後、周囲と比べて驚くほど高いリターンを得られていることに気づくはずです。

 

筆者が信頼しているファンドも参考までにこちらで紹介していますので、読者の方のファンド選ぶの助けになればと思います。

 

日本のオルタティブ投資先(ヘッジファンドなど)おすすめランキングBEST3を紹介

 

-5000万円の堅い資産運用方法

Copyright© オルタナティブ投資大百科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.