バフェット流投資実践録!伝統的投資・オルタナティブ投資

オルタナティブ投資大百科

5000万円の堅い資産運用方法

まとまったお金であり、資産運用の手段も増えてくる貯金5000万円。

様々な運用手法がありますが、記事内ではリタイアは可能なのかなどそれぞれ紹介してます。

5000万円以上でないとできない資産運用のまとめ〜準富裕層におすすめの投資先とは?〜

5000万円という資産を築かれた方というのは日本社会の中でも、10%未満の方となります。

 

以下総務省の家計調査によると4000万円以上の資産を保有している方が、11.8%となっているので5000万円以上ともなってくると10%を割り込んでくるでしょう。

 

サラリーマンを行いながら5000万円という資産を構築するのは、海外駐在手当でお金を貯めたり、退職金を入れて漸く蓄えることが出来る金額だと思います。

 

また急に遺産や保険金が入ってきたという方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしても日本の10%以内の資産持ちとなった皆さんに向けて、5000万円以上保有されているからこそ選択肢として入ってくる投資先について、以下記事でお伝えしてます。

 

5000万円以上でないとできない資産運用のまとめ〜準富裕層におすすめの投資先とは?〜

 

貯金が5000万円あったら投資信託?不動産?それとも?

5000万円の運用で最もおすすめできないのは投資信託です。

不動産も検討したいところですが、実際にどこの運用先が良いのか、以下記事では紹介しています。

 

貯金が5000万円あったら投資信託?不動産?ヘッジファンド?それとも?

 

5000万円をイェール大学流ポートフォリオで資産運用:年率10利回り

5000万円というのはセミリタイアも頭をよぎるほどの大金だけど、完全にリタイアするには老後どれだけ費用が掛かるかわからないし、出来れば倍の1億円まで増やしたいなと思われる微妙な金額。

 

以下記事では、5000万円を安全に安定的に年率10%で運用する方法を、20年間平均年率12.1%を出しているイェール大学に類似したポートフォリオを作り年率10%以上の利回りを狙う投資手法について紹介していきます。

 

5000万円をイェール大学流ポートフォリオで資産運用し年率10%を安全に長期的に目指す

 

5000万円の貯金でセミリタイアには十分なのかを検討

貯金でなんとか5000万円を蓄えたという方は、あまり若い方ではいないのではないでしょうか。

5000万円貯金があるという方を推察すると、

 

サラリーマンで勤め上げて退職金が入ってきて5000万円に到達した

・サラリーマンで駐在が長く手当で貯まった

・事業が成功して5000万円以上を稼ぐことが出来た

・急遽遺産が入ってきて5000万円の貯金ができることとなった

・学生時代からの運用や投資で一発当たった

 

などの方が多いのではないでしょうか。

今回は5000万円以上の資産がある貴方に向けて、5000万円あったら何ができるのか?

恐らく目標とされているセミリタイアは可能なのか?

 

以下記事で紹介しています。

 

5000万円の貯金があったら何ができるのか。セミリタイアには十分なのかを検討

 

まとめ

まとまったお金である5000万円の資産の運用について紹介してきました。

参考にしてみてください。

 

以上、

 

Copyright© オルタナティブ投資大百科 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.